英会話は、義務教育に含まれているほど「学ぶことが当たり前」になっている学習項目です。しかし、「何のために英会話を学ぶのか」まで深く考えたことがある人は、少ないのではないでしょうか。今回は、子供の頃から英会話を身につけるメリットや必要性についてご紹介します。保護者として、子供の時から英会話を学ぶメリットを理解し、子供の教育や学習意欲向上につなげていきましょう。

【この記事の目次】

子供に英会話を習わせたい!

子供に英会話を習わせたい理由は家庭によりさまざまです。「グローバルに活躍できる人間になってほしい」「子供が旅行に行ったときに困らないようにしてあげたい」「職業選択の幅を広げてあげたい」「子供の英語の成績を上げたい」「英会話を用いてさまざまな価値観を身につけてほしい」……。そのどれもが本音であり、英会話を学ばせる理由に正解や間違いはありません。

しかし、子供がスムーズに正しい英語力を身につけるためには、保護者が英会話を学ぶ理由を明確に理解している必要があります。英会話により得られるメリットを認識することで、子供のビジョン実現に役立ち、本人の学習意欲にもつながるのです。

子供が英会話を始める適切な年齢とは

子供が正しい英語力を身につけるためには、語学を学び始めるのに適切な年齢を知っておくことが重要です。子供の成長によって個人差はありますが、一般的に6〜7歳から英会話を始めると最も語学力が身につきやすいといわれています。6〜7歳である理由は、この年齢から学校を通して「人から教わる」という行為に慣れ始めるためです。

6〜7歳からの語学習得能力をより高いものにするためには、子供が6〜7歳になるまでに、英語が身近にある環境を当たり前にしておく必要があります。英語圏に住むことは難しくても、英会話の練習になりそうなアニメDVDや外国のドラマを流したり、洋楽に触れさせたりするといいでしょう。

参考:白畑 知彦「言語習得の臨界期について」(2004)

英会話を学ぶことで、将来何に役立つの?

子供のうちに英会話を学ぶことで、グローバル化が進行する日本では役に立つ場面が多くあります。例えば、学校教育の中での留学や修学旅行、個人の海外旅行にも役立ちます。また、将来就職先の幅が広がることも一つでしょう。

大人になってから英会話を学び始める人は、何かしらの理由や目的があるもの。しかし子供が英会話を学ぶ際には、自分から「教室に通いたい」という子は少ないのではないでしょうか。

子供は自分で生きる環境を選べません。子供が英会話に触れるきっかけはあくまで保護者が用意するものであり、英会話が何の役に立つのかを最初に教えるのも保護者の役割です。英会話を学び始めるまでに英語を身近なものにしておくだけではなく、保護者自身が「なぜ英会話を学ぶのか」に明確に答えられるようにしておくことで、子供自身が英会話の習得に能動的になれるでしょう。

子供が英会話を学ぶ7つのメリット

英会話を学ぶ理由は、時代やシチュエーションによって変化するものです。子供本人がメリットを理解することで、学習への意欲は変わります。漠然と英会話を学ぶのではなく、メリットと目的意識を持って学ぶことで、より具体的な結果につながるでしょう。

ここでは、子供が英会話を学ぶことで得られるメリットを7つご紹介します。扱える言語が増えると職業の選択肢が増えるだけではなく、人生の幸福度を上げるさまざまな利点が生まれるのです。

1.コミュニケーション能力が高まる

子供の頃から英会話を学ぶことで、コミュニケーション能力の向上が期待できます。例えば日本語には日本語特有の表現があるように、世界中の言語に固有の言い回しやニュアンスの違いがあります。

語学を学ぶことは、世界中の国や地域に存在している表現方法を学ぶことにつながります。その中でも世界共通語として話者が多い英語を学べば、日本語を知っているだけでは得られない表現の幅が広がり、自分の気持ちを伝える方法や相手の気持ちを理解する知識を増やすことにつながります。

2.幼少から異文化交流が生まれる

子供の頃から英会話に触れることで、異文化交流が生まれます。人種や他国の文化に対する先入観が生まれる前から外国人とコミュニケーションを取る機会が増えるため、価値観が広がり多様な考え方を身につけられるのです。

子供の行動範囲は、家や学校などの限られた世界になりがちです。大きな変化のない人間関係の中では、物事の考え方も広がりづらいでしょう。英会話を通して異文化交流が生まれると、同年代の友人や先生を通して自分の生活圏の外の世界に触れられます。広い視野と柔軟な価値観を持つ人間になるためには、子供の頃からの異文化交流が大きな役割を持つのです。

3.勉強・学ぶことへの苦手意識が生まれにくい

本来自分が興味を持っているようなことでも、勉強として義務化されると嫌悪感を抱きやすいものです。しかし、遊びやコミュニケーションを通して英会話に触れることで、勉強によるストレスを感じづらい環境で語学力を習得できます。