【この記事の目次】

小学校の授業だけじゃ不安…子どもに英語教育を受けさせるべき?

小学校では英語の授業がありますが、将来的に使える英語力を養うためには「学校の授業だけでは不安」と感じる人は多いのではないでしょうか。もちろん学校の英語教育は、基礎的な文法や単語を学ぶためには役立ちます。しかし、実践的な英語を扱うためにはネイティブの英語に触れる必要があるでしょう。

とはいえ、子どもの英語教育の方法はさまざまです。英会話スクールやオンラインレッスン、リスニングCDなど選択肢が多く、どれを選ぶのがベストなのかと迷ってしまうこともありますよね。スクールの中でもメソッドが分かれており、子どもとの相性がよい英語教育を見つけることは簡単ではありません。

今回は小学生から学校外で英語教育を受けるべき理由や、子どもにおすすめの英語教育の方法などをご紹介します。それぞれの英語教育のメリットや注意点を学びつつ、子どもが学びやすい勉強方法を探していきましょう。最初から一つに絞るのではなく、複数の方法を試しながら厳選していくことが大切です。

小学生から英語教育を始める4つの理由

ここでは、小学生から学校外で英語教育を始める理由を4つご紹介します。英語力が高いことは自分への自信にもつながり、自己肯定感が養われます。「できることが増えた」と子どもが自覚することで、英語以外の学業にも主体的に取り組めるようになるでしょう。

テストや受験で有利になる

小学生から英語教育を始めると、テストや受験で有利になります。特に小学校においては、学校外で応用的な学習を学んだ上で授業を受けられるため、英語に初めて触れる生徒に比べると大きなアドバンテージを取れるでしょう。

学習を先取りすると心にも余裕ができ、勉強のリソースを他の分野に回すことも可能です。英語は基本的な文法や成りたちを理解できれば、単語力を増やすことでどんどん世界が広がっていきます。小学生のうちから文法や単語の力を身に付ければ、学習頻度と比例して成績も向上しやすいでしょう。

英語への苦手意識を減らせる

小学生のうちから英語教育に親しむことで、英語への苦手意識を減らせます。大人でも初めて学ぶ分野に対しては身構えてしまうことがありますよね。反対に基礎知識をある程度備えていれば、応用学習に臨む際にプレッシャーが減るものです。

子どもにとっての英語教育も同様で、英語や英会話が生活の一部に組み込まれていることで、勉強へのハードルを下げられます。自信を持って英語学習に臨めれば、同じ授業でもより主体性を持って学べるため、さらに理解を深めていくというポジティブなサイクルが生まれるでしょう。

コミュニケーションの輪が広がる

子どものうちから英語教育を始めれば、コミュニケーションの輪がどんどん広がっていきます。例えば外国の子どもとチャットをしたりペンフレンドになれたりするなど、日本語しか扱えない状態では得られない人間関係を楽しめるでしょう。

英語は日本語とは違う言葉のニュアンスを持っているため、英語で人と会話するだけでもコミュニケーション能力の幅がどんどん広がっていきます。特にスクールのグループレッスンでは、他の学校の子どもや外国人、大人などと英語を通してコミュニケーションをとれるため、多様な価値観を受け入れる心も養われるでしょう。

情報の収集源が増える

英語教育を受けることで、英語が読めたり聞き取れたりする能力が身につきます。すると日本語だけではなく、英語で書かれたニュースやコメントも理解できるように。その結果、情報の収集源が増え、世界に視野を向けられる子どもに育つことでしょう。

2022年現在、世界で英語を主言語として話す人は約15億人いるといわれています。これは地球上の約20%の人口です。副言語として英語を話す人を合わせれば、割合はさらに増えるでしょう。英語学習は、それだけの人数とコミュニケーションをとるための手段であり、世界で発信され続ける膨大な情報をキャッチするために必要な要素でもあるのです。

子どもの英語教育をスタートさせたいタイミングは?

子どもの英語教育をスタートさせるタイミングは、脳が大きく発達する幼児期がベストといわれています。具体的には幼稚園の年中~年長あたりです。

しかし、幼児期を過ぎたからといって遅すぎるわけではありません。小学校低学年までに英語教育を開始できると、物事への苦手意識がつきやすくなる前に英語に触れられます。

また一般的に、一つの言語を使いこなせるようになるまでは約2,000時間かかるといわれています。日々の学習時間と照らし合わせ、一つの指針にしてみましょう。

【児童向け】おすすめの英語教育の方法5選

ここでは、子どもにおすすめの英語教育の方法をご紹介します。英語教育には正解がなく、子どもの学習レベルや個性との相性が大切です。特にスクールに通う場合は口コミやレビューなども参考にしつつ、まずは体験教室から始めて子どもの様子を観察してみましょう。

イングリッシュスクールに通う

子どもの英語教育と聞いて、まずイングリッシュスクールが思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。イングリッシュスクールの最たるメリットは、生の英語に触れられることです。これは学校の授業だけではなかなか難しいことですよね。テストや成績のためではない、より実践的な英語を学べます。

オンライン授業や本などよりも費用がかかりやすく、通学の時間がかかることがデメリットといえます。また同じスクールでも先生によって学習効果が変わったり、スクールごとに教育方針が違ったりするため、ベストなスクールを見つけるまでには複数の体験教室を巡る必要があるでしょう。

アニメや映画を字幕で観る

英語教育では、子どもの関心を学習に結び付けることが重要です。そのため、アニメや映画を英語字幕で観るのも、楽しみながら英語に触れられる方法として有効でしょう。アニメ配信アプリやブルーレイの副言語機能などを使い英語でアニメ等を鑑賞すると、英語を身近なものに感じられるようになります。

また、ディズニーなどの日本語で見たことがある作品を英語音声で流すのもよいでしょう。その際は日本語字幕を設定しておくと、リスニングの練習にもなります。同じ台詞でも日本語と英語で言い回しが違うシーンは多く、英語圏ならではのコミュニケーション文化に触れるきっかけにもなりますよ。

歌詞を翻訳する

英語の歌詞を翻訳するのも、子どもにおすすめしたい英語教育です。流行のアーティストの曲を辞書を用いて日本語に訳すことで、今まで知り得なかった楽曲の魅力にも触れられます。最初から洋楽アーティストの曲を翻訳するのはハードルが高いため、まずは英詩が含まれている邦楽から始めてみるのもいいでしょう。

例えば「Let’s Go」や「I love you」などのような、ごく簡単な英文から始めると親しみやすくなります。慣れてきたらより長い英文や全英詩の楽曲にチャレンジすると、どんどん英語力が向上していきます。ただし、歌詞に出てくる英語は楽曲のイメージのために正しい文法を崩している場合もあるため、必要に応じてサポートしてあげてくださいね。

YouTubeの動画学習を利用する

小学生にとって親しみ深いYouTubeでも、英語のレッスンを受けられます。例えば「小学生 英語」や「小学校低学年 英会話」などで検索すると、学習レベルに合った動画がたくさん出てきます。中には現役講師やインターナショナルスクール卒業の人たちの動画などもあり、学校の授業だけでは学べない内容にも触れられるでしょう。

YouTube学習のメリットは、参考書と違って楽しい気持ちで取り組みやすい点です。普段の動画を観ているのと似た感覚で学習でき、わからない部分で止めたり再生時間を戻したりするのも簡単です。サムネイルで動画の内容を選びやすいことも魅力で、エンタメ感覚で英語に触れられます。

オンラインレッスンを利用する

昨今では外出を控えるために、オンラインレッスンを利用する子どもも増えてきています。オンラインレッスンは教室の行き来がないため、比較的リーズナブルに学習できる点がメリットです。家での時間を有意義に使え、自室でリラックスした状態で学べるのも魅力でしょう。

中には本格的なインターナショナルスクールのカリキュラムを組んでいるサービスもあり、対面のスクールと同等以上の質が高いレッスンを受けられる場合もあります。注意点としては、自室で行うからこそ学習モードへの切り替えがしづらい点が挙げられます。レッスンを受ける環境を整えるのが難しそうな場合は、親がサポートしてあげましょう。

子どもの関心と結びつけて知的好奇心を刺激しよう

子どもにとって学習の大きなモチベーションになるのは「楽しい」や「面白い」といったポジティブな気持ちです。子どもが積極的に英語学習に取り組むためには、子どもの好奇心を刺激する環境づくりを心がけましょう。

例えば、子どもが好きなアニメ作品やゲームに登場する英語などを調べてもらうこともおすすめです。キャラクターが使う魔法の名前やオープニングソングの英詩の中には、作品の世界観をさらに深めるための秘密が隠されていることもあります。子どもと一緒に楽しみながら、英語をより身近な存在に変えていきましょう。

英語を楽しく学ぶなら『Wonder Code』

今回は子どもの英語教育を始める理由や、子どもにおすすめの英語教育の方法などをご紹介しました。グローバル化が進む昨今では、最低限の英語力はビジネスマンの必須スキルだといわれています。子どもの可能性を広げるためにも、小学生のうちから英語に慣れ親しませていきましょう。

英語を算数や国語などと同じ「勉強」だと認識すると、子どもはストレスを感じやすいものです。遊びやゲームの中で楽しく学ぶことを主軸にしながら、自然に英語と触れ合える環境をつくることが大切でしょう。

「Wonder Code」では、子どもの知的好奇心を刺激するメソッドを取り入れた上で、楽しく英語を学べる環境を用意しています。また小学校で必修化されたプログラミングも学べるため、英語教育と合わせて子どもの学習をサポートできます。ぜひこの機会に、無料体験教室や資料請求から始めてみてはいかがでしょうか。