デジタル技術が飛躍的に進化している現代社会では従来は必要不可欠とされてきた仕事が、AIに取って代わられる可能性が生じています。

一方で、AIやITに関わる職種の需要は増加傾向にあります。テクノロジー時代を生きる子どもの将来を考えるうえでは、今後もなくならない仕事の特徴を理解しておくことが大切です。

10年後にもなくならない仕事の特徴とは?

将来的になくならない職業の特徴としては、人間ならではの密なコミュニケーションが要求される仕事が挙げられます。AIは、記憶したデータに基づいて作業を行うことは得意ですが、人間の複雑な感情を理解できるわけではありません。介護や看護といった人間同士が接することが重視されるような職業は、今後AIがさらに進化しても、完全になくなってしまう可能性は低いでしょう。

創造性が必要とクリエイティブな仕事も将来的になくならない仕事といえるでしょう。音楽や絵画といった芸術的な分野に携わるアーティスト、スポーツ選手といった特有の才能を生かして活躍する職業であれば、AIに取って代わられることはありません。人間の感情の機敏や感性によって生み出されるコンテンツは、AIには決して真似のできないものです。人間だからこそできる創造性を生かした仕事を視野に入れると、将来的にも活躍できる人材に成長できるはずです。

また、社会情勢に左右されづらい仕事をAIに取って変わられないといえます。例えば、人の命や生活に携わる医療や介護といった仕事はいつの時代でも必要とされます。医療技術に驚くべき革新が起こったとしても、病気の罹患率がゼロになることはないでしょう。また、看護ロボットや介護ロボットが普及しても、医師や看護師、介護士といった専門職の需要がなくなるわけではありません。

将来的になくなる可能性が高い仕事の特徴とは?

今後の職業の動向の理解を深めるためには、将来的になくなる可能性が高い仕事の特徴を知っておくことも大切です。なくなる可能性が高い仕事の特徴としては、単純作業やマニュアル化された作業が要求される仕事が挙げられます。

なんらかのマニュアルに従って作業を行うことはまさにAIが得意とする領域です。工場でライン作業の一部工程を担う仕事やスーパーやコンビニのレジ打ちといった仕事といった比較的作業工程が容易な職業は、AIに取って代わられる可能性があります。施設の受付やレストランのウェイター・ウェイトレスは既にロボットが務めるケースが増えてきています。現代社会で既にロボットが活躍している分野については、今後さらにロボットやAIの力が発揮されてゆくことが予想されます。

また、AIは数字やデータを扱うのが得意です。AIの方が正確性が高いだけでなく、作業スピードも速いため、業務効率化を求める企業のなかには、AIを積極的に活用して従来よりも事務員の数を減らして業務を行っている企業も少なくありません。例えば、数字や金額を扱う経理事務員や銀行員の仕事は、将来的にはなくなってしまうこともあるでしょう。

将来的になくならない職業の例を知っておこう

つづいて、将来的になくならない職業の例を具体的に挙げてご紹介します。

医療業界の仕事としては、医師や看護師のほか、カウンセラーがあります。カウンセラーは、人間の心の悩みを解決する仕事であり、複雑な感情を理解することが求められるため、AIでは対応し切れない部分が多い職業です。カウンセリングでは患者さんの話だけではなく、表情やジェスチャーを読み取って、ケースごとに合わせた適切な対応をすることが必要です。時間を掛けて丁寧なコミュニケーションを取ることが要となるカウンセラーの仕事は、将来的にもなくなることはないでしょう。精神的な不調を訴える人が多い時代にあって、ニーズが高まる傾向がみられる仕事です。

需要が高い仕事としては、介護士も挙げられます。介護業界では、介護ロボットの登場によって、介護士の身体的な介護等の負担は軽減されつつありますが、高齢者の心の悩みに寄り添うという役割は、ロボットでは担うことができません。介護は、人間同士のつながりや信頼が求められるものであり、今後も介護士の仕事がなくなることはないでしょう。

デジタル化時代において重要性が高まっている職業がプログラマーです。AIを適切に動かし、管理するためには、プログラマーの存在が不可欠です。AIの発達を支えているのは、高度なプログラミングを理解しているプログラマーであると言っても過言ではありません。プログラミングのスキルを習得しておくと、機械工業の分野のみならず、ゲームのクリエイターといったエンターテインメント分野で活躍できる人になることも可能です。

将来的になくならない職業に就くためにできることとは?

日々進化する時代に適応し、将来的になくならない職業に就くためには、スキルや資格を身につけておくことが求められます。子どもの頃から将来に備えた能力を習得できるよう、保護者がしっかりバックアップしてあげるようにしてください。

まず、デジタル化の時代に柔軟に対応できるデジタルリテラシーを磨くようにしましょう。ITに対して苦手意識があると、職業の選択肢が狭まってしまいます。パソコンやタブレット学習を通して、デジタルデバイスの操作に慣れておくのが理想です。小学校の授業でもデジタルデバイスを使った学習が実施されているので、学校での学習に後れを取らないためにも、家庭内で積極的にデジタルデバイスに触れる機会を作ることが大切です。幼少期から、タブレットやパソコンでお絵描きをする、ゲームをするといった習慣をつけておくと、ITに対して親しみを感じることができるでしょう。

子どもの創造性を伸ばす教育を心掛けることも、なくならない仕事を目指す上で重要なポイントです。人間らしい個性や才能を磨くことができれば、AIに仕事を奪われる心配をしなくて済みます。子どもの持つ可能性を広げてあげるためにも、得意な分野、好きな分野の才能を伸ばすための教育に力を入れるようにしてください。

「芸は身を助ける」ということわざもあるように、特定の分野において秀でた才能があれば、将来的に困った時に乗り切るための術ともなります。興味のある習い事に挑戦させてあげる、お稽古の時間をしっかり確保するといったバックアップをして、子どもが明るい未来を切り開けるようにしてください。

幼少期からプログラミング学習をするのがおすすめ

将来的になくならない仕事で活躍するためのスキルを身につけるなら、幼少期からプログラミングの習い事をするのがおすすめです。プログラミング学習は、単にプログラマーを目指すためのものではありません。

継続的な学習を通して、プログラミング思考力を養うと、問題解決能力やコミュニケーション能力を磨くことが可能です。人間らしい創造力や想像力を伸ばすことにもつながります。

総合的な力をバランスよく磨くことができるプログラミングを上手に取り入れて、子どもの将来の選択肢を広げるようにしましょう。プログラミングスクールには、子どもたちの好奇心を刺激する魅力的なカリキュラムが用意されています。無料体験を実施しているスクールもあるので、体験レッスンも活用して、子どもに合ったスクール選びをしてください。

プログラミングの習い事をするなら『Wonder Code』

デジタル化が進む現代社会では、従来は当たり前にあった仕事がなくなっていく可能性があります。子どもの将来を考えて、いつの時代でもなくならない仕事の特徴をしっかり理解しておくようにしましょう。人間らしいコミュニケーションが求められる仕事、創造性が必要な仕事は、将来的にもなくなる心配がありません。一方で、マニュアル化されている単純作業、数字やデータを扱う作業といったAIが得意とする仕事に関しては、今後はAIに取って代わられる可能性があります。子どもが将来の職業選択で困らないように、幼少期からデジタルリテラシーを磨く、創造性を伸ばすといった教育を徹底するようにしてください。

『Wonder Code』は記ロボットを使ったプログラミングスクールを全国展開しており、楽しいカリキュラムやグループワークに子どもたちが主体的に取り組み、英語でプログラミングが学べます。

ぜひこの機会に資料請求や体験教室に参加されてみてはいかがでしょうか。