変容し続ける世界の中で生き抜くために、21世紀型スキルが求められています。21世紀型スキルを身に付けるためには、小学生の段階からSTEAM教育を受けられる環境が理想的です。今回は、小学生がSTEAM教育を取り入れるメリットをご紹介します。STEAM教育を通してさまざまな能力を上げ、未来の世の中に必要とされる人材を育てましょう。

子供には、時代にあった教育を受けさせたい!

子供の教育における最善の形は、時代や社会の変化とともに変わっていきます。例えばグローバル化が推進されるにつれて英語教育が組み込まれたり、コンピューターやインターネットの利用が一般的になるにつれてデジタル領域の教育が組み込まれたりするといったことが挙げられます。子供が時代に合った教育を受けることで、今だけでなく将来的に役立つスキルを育むことが可能です。とくに昨今では、仕事や職業に関する常識も目まぐるしく変化しつつあり、昔のように一つの会社で定年退職まで働くことが当たり前ではなくなってきましたよね。

終身雇用と年功序列が当然ではなくなっている現代では、想像力やコミュニケーション能力などのようにさまざまな分野で活躍できる総合的な能力に注目が集まっています。その上で、さらにITやWebに強い専門技能を子供に身に付けさせれば、保護者としても安心感が高まるものです。

具体的に子供にどのような教育を与えるのが良いかと考えたとき、現在高い注目を集めているのがSTEAM教育です。STEAM教育は子供がこれからの時代を生き抜くために必要なスキルを会得できるようになっているため、概要を理解しておくといいでしょう。

STEAM教育とは?

STEAM教育とは、技術革新が進む世の中で生まれた新しい教育概念です。科学(Science)・技術(Technology)・工学(Engineering)・芸術(Art)・数学(Mathematics)の5つの科目の頭文字を合わせて名づけられました。子供のワクワク感を刺激しつつ、「知る」と「作る」のサイクルを生み出す分野横断的な学びができる点が特徴です。

IT化が進む昨今では、順応力や競争力が高い人材が求められています。そのため、STEAM教育を通して子供の能力をサポートし、将来的に世の中で必要とされる人材を育てる必要があるのです。これからの時代は、社会とテクノロジーの関係がますます密接になっていきます。未来の世の中を担う子供たちには、STEAM教育における5つの領域への理解と学びを具現化する能力が求められるでしょう。

5つの要素を組み合わせた『STEAM教育』

STEAM教育では、以下の3つの能力が身に付くと期待されています。

  1. 課題を自ら見つける能力
  2. 物事をさまざまな面から捉え解決する力
  3. 新しい価値を創造する力

体験の中で子供たちが自分の視点でそれぞれの課題を見つけ、オリジナリティにあふれた発想で問題解決を想像・創造し、実現していく手段が養われていくのです。

ここからは、STEAM教育において重要視されている5つの領域についてご紹介します。文系理系のカテゴリーに限定せず、特定の学習ジャンルを超えて学べることがSTEAM教育の特徴や魅力だといえるでしょう。

1.科学(Science)

STEAM教育における科学の領域では、自然現象や物理について学びます。例えば太陽光や電磁波についてや、熱のエネルギー反応などです。身近な現象がどのように発生するのかを理解すると、科学分野への知見と興味を深めて創造力につながるでしょう。

知識や技能を育むだけではなく「なぜ現象が起こるのか」を考えて理解すると、問題解決能力が養われます。さらにSTEAM教育の中で自然を愛することの大切さも学べ、地球と共存するためには何が必要なのかを考える力も身に付きます。この能力は、さまざまな災害や資源問題を抱える地球を支えるために必要なものです。

2.技術(Technology)

STEAM教育の技術の領域においては、科学を役立てて実際にものを作る学習を行います。IT化・AI化が進む昨今では、最新の技術への理解を示したり実際にスキルを身に付けたりすることが求められているため、流動的に変化し続ける世界に対応するためにはテクノロジーを活用できる能力が重要です。

3.工学(Engineering)

STEAM教育における工学とは、主にものづくりのことを指します。工業に役立てることを想定しながら、新しい製品や技術について研究して知見を深めることが目的です。学校によっては、機械設計や機械工作なども学びます。

知識を持っているだけでは、製品は生まれません。実際に作る技術を身に付けながら過程を学ぶことにより、社会をより良いものにしていくための知見を得られるのです。STEAM教育では新しい製品の開発だけではなく、既存の製品や技術を改善し社会に役立たせる能力を目指します。

4.芸術(Art)

STEAM教育における芸術の幅は広く、一般的なアート(絵や小説などのクリエイティブな芸術品や歴史)だけではなくリベラルアーツや文化、政治・生活・経済などを総合的に学びます。芸術が生まれた背景にある歴史やライフスタイル、倫理を学ぶことで、芸術という概念を理解しやすくなるのです。

STEAM教育では実際に自分でデザインする能力を軸に学び、芸術がもたらす社会への影響や自己実現・自己表現力などを養います。芸術への理解が深まることで独創的なアイデアを生み出す能力が育まれ、ダイバーシティが推進される世の中で自分らしさを表現できる人材となることでしょう。

5.数学(Mathematics)

STEAM教育における数学では、空間図形の性質や数量などの研究を通して、論理的思考力や空間把握能力を養います。世の中で起こるすべての事象は、偶発的な要素が多分に含まれているように見えながらも、必ず原因があります。数学で培われる論理的思考力は、既に起きた出来事やまだ起きていない出来事を推測・分析して考える能力として活用されるものです。

STEAM教育で論理的思考力を身に付けると、目標達成までに必要な要素や時間が推測でき、達成率を上げられます。自分で課題を見つけるだけではなく、クリアするための方法を考えられるようになるでしょう。

STEM教育との違いとは?

現在注目を集めているSTEAM教育ですが、前身としてSTEM教育という理念も存在していました。STEM教育は、SETAM教育から芸術(Art)の領域の学習を抜いたものです。STEM教育が注目されていた頃は、科学・技術・工学・数学が主な領域でした。どれも子供の教育において重要な要素ですが、この状態では理数のイメージが強く、柔軟性に欠けるものであるとの考え方も。

「現状のSTEM教育よりも、さらに豊かな発想力を生み出せる要素を取り入れるべき」という考えのもとで組み込まれたのが芸術の領域です。そのような背景からSTEM教育はSTEAM教育へと進化し、従来よりも自由で柔軟性のある発想が尊重される理念となりました。

STEAM教育で芸術の領域が含まれたことにより、子供たちが自分の思想や感情をさまざまな要素で表現できる力が育まれます。個人の感性や想像力を尊重するSTEAM教育が行われることで、オリジナリティが発揮されていくことでしょう。

STEAM教育が注目されている背景

STEAM教育が注目されている背景には、21世紀型スキルが求められていることがあります。21世紀型スキルとは、21世紀以降のグローバル社会を生き抜くために求められている能力のことです。ダイバーシティが叫ばれている現代で必要とされる人材になるためには、21世紀型スキルの取得が必要不可欠だとされています。

21世紀型スキルには、創造性やコミュニケーション能力、情報リテラシーなどが含まれます。どの能力も現代社会で働くために必要なスキルです。同時に、IT化が進む昨今でさまざまなツールや技術を使いこなすために求められる能力でもあります。

STEAM教育は、21世紀型スキルを養うために必要な学びが得られます。時が進むにつれ、現在では考えられない技術や製品がどんどん生まれることでしょう。加速度的に変化する世の中に柔軟に対応するためには、21世紀型スキルを身に付け、情報に振り回されずに自分で技術を使いこなす能力が大切です。

また、STEAM教育を通して21世紀型スキルを身に付けることで、将来的に新しく生まれる可能性がある職業に適した能力も得られます。STEAM教育は表面的な技術や知識を身に付けるためだけの教育理念ではなく、今とは違う未来において求められる人材になるために必要なものなのです。

小学生がSTEAM教育を取り入れる9つのメリット

ここからは、小学生がSTEAM教育を取り入れるメリットを9つご紹介します。小学生の保護者として、自分たちの時代とは違う教育理念に戸惑うこともあるかもしれません。そのような中で保護者が積極的にSTEAM教育のメリットを理解することで、子供の学習にも良い影響を与えられることでしょう。

1.将来IT業界で活躍できる

小学生がSTEAM教育を取り入れることで、将来IT業界で活躍できる可能性が高まります。STEAM教育において5つの領域の分野を学ぶことで、IT化やグローバル化に順応した競争力がある人材を育てられるためです。

とくに日本は通信系のインフラ制御システムや産業用ロボットなどの分野では世界トップクラスの技術を有していますが、IT製品やサービスの分野では苦戦を強いられています。STEAM教育を通してITに強い人材になることは、日本という国の発展のために求められることだといえるでしょう。

2.グローバル化に対応できる

STEAM教育がもたらしてくれるのは、国内の需要だけではありません。IT業界やWeb業界は、世界規模で慢性的な人材不足に悩まされています。もちろん特化型の専門技術を持っている人は需要に応えやすいのですが、STEAM教育における総合的な能力を持つ人材も、グローバル化に対応できる強みを持っています。

STEAM教育は、科学・技術・工学・芸術・数学の分野の能力を高めるものです。これらの能力により自分で課題を発見して解決に導くスキルが養われ、世界の動きに置いていかれない洞察力や問題解決能力を身に付けた人材となるでしょう。

3.論理的思考が身に付く

STEAM教育を通して、論理的思考力を育めます。論理的思考力とは、網羅的に論点を整理して考える力です。目的や目標を設定した上で達成するために必要な道筋を逆算して考えることで、現状を理解したり課題を解決したりする能力を会得できます。

論理的思考力を高められると、発言に説得力が出ます。人に物事を論理的に説明できるため、コミュニケーション能力も向上するでしょう。相手の気持ちを理解して寄り添うためにも、論理的思考力は重要なのです。

4.問題解決能力が身に付く

STEAM教育では、問題解決能力を養えます。問題解決能力を高めるためには、まず問題が存在することに気付く必要があります。次になぜ問題が発生したのかを論理的に考え、解決のためのコストを天秤にかけた上で実行に移すことが大切です。

STEAM教育で育める論理的思考力や想像力は、問題解決能力と密接な関係にあります。物事の全体像を把握しつつも一つひとつの要素を体系的に理解できるようになるため、自分が今何をするべきかを考える力が身に付くのです。

5.クリエイティブな思考が身に付く

STEAM教育では、独創性の高いクリエイティブな思考が身に付きます。新しいアイデアを生み出すためには、知識や教養などをインプットすることが大切です。

工学や数学などを通して物事の必然性や成り立ち・過程を学ぶことで、自由な発想力が開花する土壌が整うでしょう。さらにアートを始めとする定性的な分野に触れることで、無限の想像力を引き出せるようになります。

6.楽しく学ぶことができる

STEAM教育では、子供がワクワクした気持ちで楽しく学べるメソッドが尊重されています。探求と創造のフェーズを何度も繰り返し、「知る」と「作る」のサイクルを生み出しているのです。

STEM教育から進化したSTEAM教育は、理数教育に創造性教育をくわえた理念です。実際に手を動かす学習の中で課題を見つけ、クリエイティブな発想で解決する行為が求められます。STEAM教育では、ただ座って授業を聞いているだけでは得られないような楽しさを感じられることでしょう。

7.一つの習い事で多くのスキルが身に付く

STEAM教育を受けると、一つの習い事で多くのスキルが身に付きます。科学的に思考して吟味する力や、自分で物事の価値を見つけ出す感性などを会得できるため、総合的な能力を上げることが可能です。また、物事を体系的に受け取れるようになり、表面的な事象だけではなく結果に至るまでの過程を想像できるスキルなども身に付きます。

8.苦手意識を克服できる

小学生の段階からSTEAM教育を取り入れることで、苦手意識を持ちがちな理数系科目を克服しやすくなります。また、好奇心や想像力などが刺激されるため、苦手な分野であっても積極的に学べる姿勢を身に付けられる点もメリットです。

9.時代にあった教育が受けられる

STEAM教育は、これからの時代の変容を想定した教育理念です。今必要なスキルだけではなく、将来的に役に立つスキルを小学生の間から身に付けられます。

STEAM教育を通して柔軟性を養うことで、目まぐるしく変わる世界の中で無理なく自分の価値観をアップデートできる人材となることでしょう。

21世紀型スキルを身に付けた子供を育てるために…

21世紀型スキルを身に付けるために、近年注目されているSTEAM教育。そしてSTEAM教育の一環として取り入れられているのが、プログラミングです。プログラミングは、2020年に小学校の授業で必修化されたことも記憶に新しい分野でしょう。

プログラミングでは、STEAM教育における「自分で考えて学ぶ力」を身に付けられます。コミュニケーション能力や論理的思考力が育まれる中で、これからの時代に求められる技術も養えるため、21世紀型スキルを総合的に育てられるのです。

STEAMに“R”(Reading)を加えた新たな教育

これからの時代を担う人材を育成するための教育理念であるSTEAM教育。STEM教育に芸術の「A」を足して生まれたものですが、今注目されているのはさらに「R」を足したSTREAM教育です。

「R」とは「Reading」の頭文字で、読解力を指します。母国語はもちろん、英語をはじめとする外国語を読む力を身に付けることで、より豊かな環境でインプットできる状態を目指します。

STEAM教育を学ぶなら『Wonder Code』

今回は、STEAM教育や21世紀型スキルとの関連性、小学生がSTEAM教育を受けることのメリットなどをご紹介しました。

21世紀型スキルを身に付けることで、日々変容する世界で戦うための能力を会得できます。そこでおすすめしたいのが、プログラミングと英会話を同時に学べるWonder Codeです。

Wonder Codeでは、子供が楽しみながらプログラミングと英会話を学べるメソッドを取り入れています。「STEAM教育に興味がある」「子供にSTEAM教育を受けさせて、これからの時代を生き抜ける人材になってほしい」と思っている保護者のみなさまは、ぜひお気軽にお問い合わせください。